インテリア家具を活用して素敵な部屋をコーディネート

トップ > インテリアスタイル

最終更新日:2014/10/22

 インテリアのスタイル

どんな雰囲気のへやにしようかなぁ・・・。どんなインテリアにしようかな・・・。そう考えるとき、頭の中だけで想像するのは難しいものですよね。

具体的にイメージしやすくするために、ふだんからインテリア雑誌をチェックしたり、雑貨屋さんに足を運んで、好みのインテリア、インテリアスタイル、また上質なソファを見つけておきます。

バランスよく統一感のある部屋にまとめるために、インテリアのスタイルの特徴とポイントを掴んでおくと全体像を把握しやすくなります。

ここで少しインテリアのスタイルについてご紹介します。

 クラシックスタイル

ヨーロッパの伝統的で格調高いアンティーク家具や室内装飾、小物などのインテリアでまとめたスタイルです。

気品と重厚感にあふれた雰囲気になります。何だか背筋がピシャッと伸びる感じがします。ちょっと堅苦しいイメージもあります。

 モダンスタイル

シンプルで飾りすぎず、でありながらスタイリッシュで高級感のあるスタイル。クリアガラス、クロムメッキのスチールなどの素材で生活感のないシャープな雰囲気を漂わせます。デザイン性が高く、高価なものが多いですが遊び心があるものも多く個性的な部屋つくりが可能になります。

 カントリースタイル

名前通り田舎暮らしに合わせたカジュアルなスタイルです。自然の素材を生かしたインテリアで、飾りたてたものではなく、シンプルで心温まる雰囲気です。タイル貼りの家具やほうろう製の小物がよく見られます。手作りの小物で よりアットホームな雰囲気になります。インテリア家具はベッドで決まりでしょう。

 ナチュラルスタイル

自然素材を使った、温かみのあるインテリアで、カントリースタイルをより現代的でモダンにしたスタイルです。生成り、アイボリーでまとめた色調ですっきりまとまっています。小物や観葉植物をアクセントになります。

 シンプルスタイル

人気が高く、ナチュラルスタイルとモダンスタイルの中間的なスタイルです。 ナチュラルスタイルのような自然の素材を使わず、スチール、プラスチックを 使いながらも、モダンスタイルのような遊び心のあるデザインよりは無駄を省いた シンプルなインテリアになります。ソファベッド単品とかも良くありますね。

 アジアンスタイル

アジア各国の民族調の家具や織物、アクセサリーでまとめたスタイルです。 気に入った国のインテリアで統一するとまとまりがでます。南国でのリゾートライフを思わせるようなリラックスしたスタイルにするのもいいかなぁ~っとおもいます。アジアン雑貨の通販サイトには、個性的かつ癒されるようなアイテムがたくさんあるため、お気に入りをチョイスしてお部屋に飾ってみては如何でしょうか?

 和風スタイル

和風はあくまでも和風であって、和室ではありません。天井、壁、建具などは和式に しながらも、その他のインテリアは、和テイストの現代感覚を取り入れたスタイルです。背丈の低い家具で小物はゆったりと配置し、重い雰囲気にならないように空間を楽しんでみては・・・。

好みのスタイルって一つではないと思います。好きなベースになるスタイルに、他の要素をプラスして自分だけのインテリアスタイルを作るのが一番だと私は思います。

インテリアの色使いの基本

好きな色を集めたのに、ごちゃごちゃしてしまったり、シンプルなインテリアにしたのに落ち着かなかったりした事ってありませんか? それはインテリアの色使いに(カラーコーディネイト)に失敗しているのかも知れません。

ちょっとした色使いの基本を知っておくだけで、インテリア選びや部屋の雰囲気つくりがスムーズに進むことが出来ます。

インテリアの色の仕組み

「色相環」っていうのがあって、これは「赤」「青」「黄」などの色を虹のように 並べたものです。色味のある色「有彩色」の配列になります。これとは逆に色味のないものを「無彩色」といい、「白」「グレー」「黒」がこれにあたります。

その色それぞれに明度・彩度とトーンが加わります。明度は色の明るい、暗いを表す色の明るさの事です。彩度は色の鮮やかさの違いで、高いほど澄んでいて、低いほど濁った色味になります。この明度・彩度に組み合わせて考えていくのがトーン・色の調子です。

Favorite

最終更新日:2017/10/16

ページ上に戻る

家具選びのポイント

お部屋の模様替え