インテリア家具を活用して素敵な部屋をコーディネート

トップ > 団欒の場を作るテーブルチェア

Last update:2014/10/22

 家具選びのポイント!ダイニングテーブル・チェア

ダイニングテーブル・チェアの選び方ダイニングテーブルはデザインと大きさだけで選んでしまいがちの人が多いようです。ダイニングテーブルは食事をするテーブルです。誤ったサイズのものを選ぶと食事がしづらいばかりか、悪い姿勢にもなりかねません。

ダイニングテーブルを家具通販などで購入する際に、注意しておきたいポイントなどをご紹介をしていきましょう。ソファや椅子との相性も要チェック! リビングにはダイニングテーブルとソファのところにコーヒーテーブルを置いている家庭も多いのではないでしょうか。
ダイニングテーブル・椅子とは違い、ソファはひとつのソファにみんなで座ることが多いので、家族団らんの場所になります。

ダイニングテーブルの高さをチェック

ダイニングテーブルを家具通販で購入する場合には、幅や奥行だけでなく、高さもしっかりチェックするようにしましょう。

ダイニングテーブルの高さのチェックには、椅子に座って天板の上に自然に手、腕を置きます。そのとき肩から腕にかけての筋肉に無理がないかをチェックしてみましょう。目安として、肘をついて肩が上がっていたらそのダイニングテーブルは高すぎるということでしょう。

ダイニングチェアの座面の高さから、ダイニングテーブルの天板の上面の高さまでを「差尺」と呼びます。この差尺が25~30cmになるように選ぶのがここちよく食事ができる高さとなります。

食生活に合わせたダイニングテーブル選び

ダイニングテーブルには、食生活によっても適した高さがあるようです。

和食の場合:器を持って食す和食の場合は70cmくらいの低めが楽に食事をすることができるダイニングテーブルの高さの目安です。

洋食の場合:お皿は置いてナイフやフォークを使う洋食の場合は72cm以上の高めが楽に食事をすることができるダイニングテーブルの高さが目安です。両方共という場合にはなるべく低めを選んだほうが無難でしょう。

ダイニングテーブルのサイズ

ダイニングテーブルはスタイリングやデザインだけでなくサイズにも留意して選ぶようにしましょう。

誤ったサイズのダイニングテーブルを選ぶと、食事がしづらかったり、姿勢が悪くなったりと、普段の生活にも支障をきたしてしまうことにもなりかねます。また、使いたい食器の大きさによって、人数によっても変わります。お気に入りの大皿を中央に置いて食べるスタイルか、小鉢に一人ひとり分けて食べるスタイルか…などさまざまな用途にも適したテーブルが必要ですね。生活にあった、正しいサイズのダイニングテーブルを選びましょう。<

ダイニングテーブルの間口(=広いほうの面:家具通販ではW(ワイド)と表記されます。)のサイズは、4人用で120~150cm、6人用は150~180cmが一般的です。奥行き=狭いほうの面:家具通販ではD(デプス)と表記されます。)はいずれも80~85cmが標準的なサイズとされています。

ダイニングチェアの高さをチェック

ダイニングチェアを選ぶ際、まず、足の裏全体が床につくこと、ひざ・股の裏に圧迫感がないことが重要となります。家具通販で、ダイニングチェアを選ぶ場合には、今ご使用の椅子など、靴を脱いで、足の裏がつく椅子に座り、床から座面の高さ(SH)を測るようにしましょう。

ダイニングチェアの重さをチェック

取り扱いが容易であることも重要となります。家具通販では引いたり、押したりといった扱いができません。取り扱える重量かどうかが目安になります。重さは4kgくらいまでが取り扱いがしやすい重さとなっています。

お気に入りの優良家具を扱うサイトに重量の表記がない等の場合にはメールで問い合わせるなどして、あらかじめご確認することがオススメです。

Last update:2015/2/4

ページ上に戻る

家具選びのポイント

お部屋の模様替え